プーリーのメンテ

プーリーのメンテ に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今週は仕事が立て込んでいるので、こんな良い天気なのに

朝、輪行の練習をしただけで、部屋に籠もりきりである。

それにしても、この青空を見ているとどこか行きなってくる。

仕事をしながらも、ついついそんな思いにとらわれてしまうの

で、お昼休みに気晴らしにと、昨日100円ショップと南米商会

で買ってきた工具を使って、プーリーのグリスアップをする

ことにする。

P1080817.jpg

100円ショップで買ったのは、左側の六角レンチとツーリング

の時、オイルを携帯するための小さな化粧瓶。南米商会では

SHIMANOのグリースとハブを分解するためのスパナ、ドライタイプ

のオイルを購入した。

P1080819.jpg


チェーンリングからチェーンを外し、たるみを作ってから、

プーリーを外す。下の方は割と簡単に外せるが、上の方の

プーリはそのままでは、レンチがまっすぐに入らないので、

変速機を下向きに引っ張って、レンチがまっすぐに入るよう

にしてから、外すことが出来た。

P1080820.jpg


外してみると、日頃手が届かないところとあって汚れている。

ここらが分解しないと、うまく掃除が出来ないところ。

P1080823.jpg


さらにプーリを分解すると、中の方も砂埃が噛んでいて、オイルも

黒く汚れている。よく見るとプーリの中心の金物が上プーリと下

プーリーで違っている。中心に金属のパイプが入っているのが

上プーリー用(写真右)。取付の時は、間違わないように注意が

必要。

P1080825.jpg


ウェスで汚れを取り、プーリーの溝を歯ブラシを使って丁寧に

掃除した後、グリースを塗って組み立てて行く。部品の組み立て

が終わったら余分なグリースを拭き取り、元通りに組み立てて

整備完了。Addieも同じようにプーリーのグリスアップをして、

一緒に家の廻りをひとまわりして試運転をしてみると、何となく

だけど、軽くなったような気がする。このまま走っていると、

ついどこかに出かけそうになるので早々に引き上げて、仕事に

向かうことにする。それにしても、今日の高く住んだ青い空は

仕事中の身には、目の毒である。


コメントを読む




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/255-18d27063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。