唐津~呼子ツーリング 2

唐津~呼子ツーリング 2 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

何とか坂道を上りきり、呼子へと足を向けるとまだまだアップダウンが

続く。呼子の手前は急な下り坂でそれを下りきると、港町が拡がっている。

午前中に波戸岬まで足を延ばしたいので、素通りして走り抜けるが、呼子を

抜ける道にはまた、急な上り坂が待っていた。坂道を上りきり、しばらく走ると

名護屋大橋が見えてくる。橋の上からは呼子の町と呼子大橋、加部島が澄みきった

秋の空気の中に拡がっていた。

P1020584.jpg




橋を渡り道の駅”桃山天下市”で小休止。波戸岬はもうすぐだ。

また上り下りの続く道を通り、海の見える坂道を下ると波戸岬が見えてくる。

駐車場を抜け遊歩道を走り岬につくと、秋空の下に拡がる蒼い海と海岸線が

どこまでも拡がっていて、今までの疲れを忘れさせてくれる。

PANORAMA_HATOMISAKI.jpg


岬の先端には岬神社と灯台があり、その裏手の海岸は内海になっているので、

先程とは違う穏やかな風景が拡がっている。裏手の遊歩道は誰もいなくて、

遠く玄海エネルギーパークの風力発電の風車が見える中、秋晴れの風景を

親子で二人で満喫した。

P1020610.jpg



駐車場に戻り観光客でにぎわう出店で、昼食にする。サザエの壺焼きにしようかと

思ったがお腹にたまる一杯500円のイカ焼きにする。娘は大好きなゲソを食べられて

満足したようだった。

P1020620.jpg


昼食後、娘が楽しみにしている遊覧船ジーラに乗るために再び呼子へ向かう。

呼子港に着いたときちょうどジーラが出港してたので、あわてて乗り込む。

15分ほど沖に出てジーラが停泊すると海の魚が次第に見えてくる。アジや

鯛、見たこともない小魚、鮮やかな青色をした小さな魚などが、船室の窓

越しに群れをなして迫ってくる。20分ほどの海中ショーだったが十分

満喫出来た。呼子港に戻ってくると、唐津まで一気に走ることにする。

帰りは海岸線を通らずに340号線を走り菖蒲峠を通り、唐房までのコース。

呼子から菖蒲峠まではダラダラと上り坂が続き、その先は唐房までずっと

下りが続く。峠までは娘にとっては一番長い坂道なので辛そうだったけど

その後の下り坂でストレスを発散したようだ。

呼子を出て45分くらいで唐津城に到着し、待っていたおばあちゃんと合流する。

P1020657.jpg


sirrusをキャリアに積み込んで、一路福岡へ向かう。途中道の駅で明太子や

野菜を買い込んで帰る。今日のコースは地図で見るよりもアップダウンがきつい

コースだったけど、目の前に拡がる素晴らしい風景に、疲れも忘れたツーリングと

なった。

走行距離 55.9㎞

走行時間 3時間21分

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sirrus.blog94.fc2.com/tb.php/131-f6970eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。