FC2ブログ

2005年09月

2005年09月 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日の阿蘇ツーリングで、タイヤの寿命が来てゴムが

剥がれてしまったので、さっそくタイヤを交換すること

にする。通販で取り寄せたのだけど、今回はタイヤの

他に、ライト取付のブラケットとボトルケージを注文した。

ライト用のブラケットは娘のAddieに付けていたものが

いつの間にか外れて無くなってしまったため。ボトルケージ

は輪行袋の携帯用に使うつもり。

P1080808.jpg



[タイヤ交換]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

毎回BoyとAddieを整備するたびに思うのだけど、娘の

Addieは取り回しが軽く感じてしまう。確かにサドル、

シートポスト、フレームサイズが違うので少々は違うの

だろうが、こうまで違う理由は何かと思い考えてみると

サドルバッグ、フロントバックに詰め込んだ携行品の

差のようだ。試しにいつも積んでいる状態で、どのくらいの

重量があるか計ってみる事にする。

P1080790.jpg


※写真は今朝の夜明けの空です。まだ小さく三日月が残ってます。
[バックの中身]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ネット検索をしていたら、懐かしい自転車の写真を

見つけてしまいました。私の高校生から専門学校時代に

乗っていた愛車。ブリヂストン ダイヤモンド/FS-7110。

色はこの写真とは違って、えび茶色のメタリック塗装だった

と記憶してます。特徴は前後の短いアルミ製の泥よけと、

フロンフォークとリアエンド部分のクロームメッキです。

センタープルブレーキでブレーキレバー部分のカバーは、

生ゴム製です。フレームはハイテンション鋼を使ってます。

BS_FS-7110.jpg


[ダイヤモンド/FS-7110 懐かしの愛車]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ツーリングの後は、必ずメンテナンスをするようにしている。

メンテナンスといっても、メカにたいした知識もないので、洗車をして

注油をするくらいなのだけど、最近、チェーン廻りをきれいに

洗い丁寧に注油すると、足回りがとても軽く感じることに気がついた。

チェーンを手軽に清掃出来る道具もあるようだけど、ケチな私には

値段が高く感じてしまうので、格安でピカピカになるチェーン廻り

の清掃の仕方を説明してみます。

P1080781.jpg

[チェーン廻りのメンテ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日注文した輪行袋が今朝届いたので、さっそく使ってみることにする。

まず袋を広げた第一印象は、カタログで調べていた寸法よりも大きく見える。

ちょっと娘が担ぐには大きすぎるかなと思いつつ、まずは収納してみる

事にする。広げた袋の上でBoyを逆さまにし、車輪を外し袋のポケットに

入れた後、エンド金具を付けて袋の収納位置に置いてみる。

P1080747.jpg


[輪行袋]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

そして幼い頃を過ごした村へ入ると、ここもまたすっかりその姿を

変えている。当時の面影をたどりながら、村を散策するがきれいに整備

された幹線道路際は、空虚でガランとした廃墟のような風景があるだけだ。

P1080711.jpg

[感傷ポタリング-3]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中学校の校庭を出て坂道を下る途中に、診療所の建物が残っていた。

今はもう誰も住んでいる様子のないこのしゃれた建物は、幼い頃の

私には近寄りがたい雰囲気があった。診療所のドアをくぐると、

アルコールの匂い。薄暗い診察室には、茶色いガラスのビンに

たくさん差してある、銀色の器具。藍色をした細い注射器。先生の

胸に掛かっている聴診器は、胸に当てられると心臓が止まるくらいに

冷たかった記憶がある。

P1080693.jpg


[感傷ポタリング-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝食を済ませた後、まっすぐ福岡に帰ろうと思っていたが

あまりに天気が良いので、小学校、中学校を過ごした場所を

訪ねてみる、小さな旅に出かけることにする。実家を出ると、

菊池渓谷へと向かう観光客で混み合う国道を避けて、”原本村”

へと続く、細い道を走ることにするが、30年ほど前からあまり

手を加えられていないこの道は、当時の面影をそのままにたくさん

残している。”木庭坂”の土手の六地蔵様に手を合わせた後、しば

らく続く長い坂を上り始める。

P1080676.jpg

[感傷ポタリング-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日のツーリングの余韻が抜けきれず、夜明け前から

目が覚めてしまう。6時過ぎ、やっと明るくなった朝の

道をのんびりと朝食前の散歩としゃれ込む。さて、どこ

へ行こうかと迷ったものの、まずは菊池神社にお参りする

事にする。朝の境内は、シンとして空気までも清められて

いるみたいに澄んでいる。二礼二拍手と作法通りのお参りを

済ませて、おみくじを引くと親子で”吉”。お互い顔を見合

わせて、平凡な内容に思わず笑ってしまった。

P1080636.jpg



[早朝散歩]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

阿蘇大橋を渡り国道57号に入ると、車が渋滞している。その脇をなるべく

用心しながらも、軽快に坂道を下って行く。立野駅を陸橋の上から眺め

ながら今度は輪行でここまで来て、阿蘇山頂を目指したいと思った。

P1080623.jpg

[阿蘇一周ツーリング-5]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

いつもよりものんびりと、風景を楽しんで走っていたので、予定よりも

30分以上遅れて、高森に到着する。お昼ご飯に地鶏でも食べようと、お店

に寄ってみるがすでに行列が出来ていて、20分以上の待ち時間らしいので、

有機野菜を出してくれる”だいこん屋”に寄り、名物の”だご汁”を

食べることにする。味は味噌が薄めだけど、白菜、大根、ニンジン、山芋、

といった野菜のダシと、椎茸の味が良く出ていて、とても美味しい。欲を

いえば、小麦粉の団子がもう少し多く入っていると良かったのだけど(笑)

P1080589.jpg

[阿蘇一周ツーリング-4]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

箱石峠までの坂道は、曲がりくねる毎に、違った風景を見せてくれる。高岳を

過ぎると正面に根子岳のとがった山頂が見えてくるし、山が見えなくなると

ススキが風に煌めいている、草原が姿を現す。時折追い抜いてゆく、バイク

車がやけにせわしなく見えるほどに、ゆっくりと坂道を登ってゆく時間は、

心の中に風景が染みこむのに、ちょうどほどよい時間なのだろう。一つ曲がりを

越える毎に、心の空腹が満たされてゆくような気がする。

P1080542.jpg


[阿蘇一周ツーリング-3]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

それでも、近くの外輪山に目をやると、青く澄んだ空の下に緑の草原を

敷き詰めた風景が、鮮やかに飛び込んでくる。その風景に娘も素直に

”すっごい、きれい!”と何度も声に出していた。しばらくその場所に

自転車を止め、写真を撮ったり、谷間から聞こえてくる鳥の声や、列車の

響きに耳を傾けたりしながら、記憶の中の大切な1ページに、静かに

この時間を焼き付けてゆく。


P1080513.jpg

[阿蘇一周ツーリング-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前日の天気予報通りに、朝から良い天気。これでやっと

今日は夏の宿題の阿蘇一周ツーリングに出かけられそうだ。

6時前に娘を起こし、食事済ませ、7時ちょうどに菊池の

実家を出発する。9月も半ばを過ぎたので、薄着で大丈夫

かなと心配していたが、20分も走るとひんやりとした風が

気持ちよいくらいに感じるくらい体が温まってくる。

朝露がキラキラと輝いている田圃の土手には、今が盛りの

彼岸花があちらこちらに顔を覗かせて、今日が彼岸の中日

だということを思い出させてくれる。

P1080481.jpg

[阿蘇一周ツーリング-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ドリコムさんの管理画面のアクセスカウンターの調子が

ここ数日(数ヶ月かな・・・)おかしいので、新たに

カウンターを設置してみました。

★ 忍者ツールズ
http://www.shinobi.jp/

アクセス数は、ドリコムさんのカウンターから端数を除いた

40,000からのカウントにしてます。

DRECOM_BLOG2.jpg


それにしても、一年間で40,000ものアクセス、本当にありがとうございます。

月を追う毎にアクセス数が増えてゆくのは、ブログを続ける上で何よりの

励みになります。ここをご覧の皆様、2年目の”SIRRUSな日々”も、末永く

どうかよろしくお願いします。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

夏の名残のように、暑い日差しを落としている空には、

これもまた、夏の名残のような白い雲が浮かんでいる。

そして、季節を区切るように、まっすぐな飛行機雲が続いている。

週間天気予報を見ると、今日明日は晴れ。

私も明日は夏の宿題だった”阿蘇一周ツーリング”に、出かけよう。

もう秋まっただ中の阿蘇は、どんな顔をしているだろう?

五月に行ったときよりも、高く青く澄んだ空の下でのツーリングは

きっと素晴らしい旅になるだろう。さて、今日は仕事を早めに

切り上げて、明日の準備をしよう。

明日が良い一日となりますようにと、手を合わせながら・・・。

P1080472.jpg



コメントを読む



[RSS] [Admin] [NewEntry]

4時過ぎにかえってきた娘におやつを食べさせて、

塾に送り出した後、Boyで二見浦まで走ることにする。

今日は朝から何となくからだが重たいので、行けるとこ

まで行って引き返そうと思い、あまりテンションが上が

らないまま、走り始める。走り始めはちょっと右膝に

違和感があるなぁとか、足が重いかなぁなどと感じて

いたが、15分ほど走り潮風に吹かれていると、そんな

事さえすっかり気にならなくなってしまうから不思議だ。

大原海岸を過ぎたあたりからは、先日走ったときよりも、

スピードが上がっていて、いつもは悩まされる灘山麓の

坂道も20㎞/hを下回ることなく、登り切ることが出来た。

P1080470.jpg

[トレーニングの成果]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

彼岸の朝。

夜明けの空が彼岸花の色に染めあげられた。

まだ暗い町並は、墓標のようにシンと静まっている。


あの雲のあたりに彼方の国はあるのだろうか・・?

そしてそこに住む人達は、皆幸せなのだろうか・・?


P1080460.jpg



窓辺でそっと手を合わせて、頭を下げると

懐かしい人達の声が聞こえた気がする。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

何気なく始めた自転車も、もう一年経ってしまった。ブログを

読み返してみると、去年の今日は娘と初めて今宿まで自転車で

走った日。まだ、SIRRUSに出会う前で、安物のマウンテンバイク

と子供用の22インチで、恐る恐る走ったのを覚えている。今では

たいしたことのない距離なのだけど、あれが親子の冒険の始まり

だったように思う。車では潮干狩りに何度か訪れたはずの、海の

風景が自転車から眺めるだけでとても新鮮に感じられ、自分で思った

よりも、遠くまで走れることに親子で素直に感動してしまった。

P1010437.jpg


[一年経って・・・]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今週末は天気も良いので、またどこかツーリングに行きたいと

思っていたのだけど、仕事と来客のためこの三連休は自転車で

出かけられそうも無い。良く晴れた空を恨めしそうに眺めながら

仕事部屋で過ごすことになりそうだ。といっても、休日中の

仕事はなかなか進まない。仕事の手を休めては、地図を取り出し

たり、ツーリングの記録を読み返したりしながら、旅へ思いを

馳せてしまう。

YAMANAMI_MAP.jpg

[旅への思い]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お客さんを迎えに車で熊本まで行って来たが、高速道路を

降りて、幹線道路から農道にはいるともう彼岸花が土手の

あちらこちらに咲き誇っている。朝日にの中で見るその花は

まるで先日までの夏がはぎ取られ、かさぶたになったような紅色

をしている。あの猛暑が嘘のように消え、ひんやりとした風の中に

経っていると、体の中にも秋がしみてくるようだ。

P1080445.jpg

[彼岸花]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日の高原の秋を、連れてきてしまったような1日。

日中もカラリとした乾いた風が吹き、夕暮れ時なると

涼しさというより、冷たささえ感じてしまう。

P1080434.jpg

[秋を連れてきたような]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は母の定期通院日なので、久しぶりに車で大分まで一緒に

行くことにする。5時に家を出て都市高速に乗り、九州道から

大分道へと高速道路をつなぎながら、夜明け前の道を走る。

今朝は出かける前にひと仕事しておこうと、午前1時過ぎから

起きているので、どうも頭がスッキリしない。大分道に入り

山田SAに立ち寄り、コーヒーを飲み、眠気を覚ますことにする。


P1080397.jpg

[母の通院日]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

娘の家庭科の実習で焼きそばを作るらしく、宿題で

”家の人に作り方を習ってくるように”との事らしい。

普通に肉を入れ、野菜を炒めて、麺をほぐし、ソースで

味を付けるやり方をしても、子供の手際ではベチョッと

した焼きそばしか出来そうもないので、ちょっと作り方を

アレンジ教えることにする。

【材 料】 3人分

焼きそば麺 3玉

キャベツ  1/4玉
玉葱    1/2個
ニンジン  1/3本
もやし   1/2袋
豚肉    100g

かつお節
青のり

●ソース
市販の焼きそばソース 100CC
ケチャップ       30CC
ウスターソース     20CC
以上をカップに入れ、よく混ぜておく。

【作り方】

玉葱を櫛形に切り、ニンジンを千切りにして、豚肉も

適当な大きさに包丁を入れて、材料を入れる順番毎に切り分けておく。

P1080387.jpg


[家庭科の宿題]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日コメントにイベント参加の書込があったので、

福岡佐賀地区で近く開催されるイベントを調べてみた

ところ、”佐賀センチュリーラン2005秋 IN 天山”と

いうイベントを見つけた。コースは天山スキー場から下り、

観音峠を登り、七山へさらに下り、浜玉町から相知町、

厳木町へと走り、今度は天山スキー場まで坂道を駆け上る

全長70㎞のコースで、制限時間は5時間。

10月2日(日)に開催され、申し込み締め切りは9月20日必着で

参加費は3,500円です。

SAGA_RUN.jpg


[佐賀センチュリーラン]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

山頂から板屋へと降りる道は、ちょうど自衛隊の隊員が道路復旧工事を

していて、路盤のコンクリートを剥がしていた。その脇を通してもらい

砂利道を下り始めるが、先日の雨で砂利が流れているので、前回ほど

タイヤを取られることもなく、無事に板屋まで降りることが出来た。

南畑に降りる三叉路のところがちょうど、選挙の投票所になっていて、

近くにいた役場の人が、途中通行止めになっているが自転車ならば、

押して通れることを教えてくれる。おまけに娘とツーショットの写真

も撮ってもらいました。

P1080378.jpg

[雷山~背振山ツーリング-4]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

三瀬峠から三瀬村の方に下り、いつも立ち寄るコンビニで、昼食用のパンと

ペットボトルの水を補給する。娘もすっかり元気を取り戻したようで、

これなら最後まで走れると確信した上で、背振山へと向かうことにする。

三瀬村から背振山へ向かう県道にはいると、勾配も少なく広い歩道の

走りやすい道が続いている。風景も稲穂が拡がりるなかを川が流れ、

ところどころにある集落も、なんだか郷愁を誘うような静かな佇まいを

している。そんな風景の中を走りながら、心が段々シンと落ち着いてゆく

のを、もう1人の自分が目を細め嬉しそうに眺めている。

P1080353.jpg

[雷山~背振山ツーリング-3]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雷山林道に入ると緩い上り坂が続く、雑木林の中の道になる。ここに来ると

いつも思うのだけど、山鳥の声がとても近くに聞こえる。風もなく時折

雲間から日が差してくる静かな山あいの道の上で、私達親子のペダルを

踏む音だけが響いている。道路脇に目を落とすと、色とりどりの花々が

昨夜の雨水をまとって輝いている。その色鮮やかな姿に目を奪われ

しばらくの間、立ち止まってしまう。

img20050912.jpg


[雷山~背振山ツーリング-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ぐずついていた天気も明け方には雨も上がり、路面も

乾き始めているので、何とかツーリングには出かけられそう。

朝寝する予定だった娘を起こし、急いで朝食を作り、何とか

8:00過ぎには家を出ることが出来た。室見川沿いを矢倉橋まで

走り、まずは日向峠までの坂道を登り始める。途中、パラパラ

と小雨が落ちてくるが、本降りになったら引き返そうと思い、

そのまま走り続ける。先週のツーリングでは坂道でぐずって

いた娘も今日は、しっかりとした足取りで坂道を登ってゆく。

今日のコースを走りきることが出来れば、きっとまた自信に

つながるだろうと、後ろから声を掛けながらゆっくりと峠を越える。

P1080285.jpg

[雷山~背振山ツーリング-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

リアのブレーキシューが減ってきたので、交換してもらおうと

南米紹介まで娘と一緒に出かける事にする。ブレーキシューの

交換はあっという間に済んで、ワイヤーを張り直してもらい、

ディレイラーを調整してもらった後、娘のも点検してもらう。

調整後、試運転をしてみるけど、やはりちゃんと調整してもら

うと良い感じで変速出来るし、ブレーキレバーを引いた感じも良い。

ブレーキくらい自分で調整しろと言われそうだけど、プロが側に

いるとどうしても甘えてしまう。やはり餅は餅屋ということにして

許しを請うことにする。

P1080284.jpg

[ブレーキ点検を終えて]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。