2005年05月

2005年05月 に関する記事です。
FC2 Blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日のツーリングの余韻がまだ残っている。

地図上をなぞりながら、その時の風や光を思い出す。

峠の風、山から吹き下ろしてくる暖かい風、

谷川からのひんやりと湿った風、潮の匂いが混じった強い海風、

新緑を透かして落ちてくる木漏れ日、谷川の瀬を駆け下りる

せせらぎの輝き、静かな湖畔のきらめき、暮れかかってゆく

海のきらめき、そしてその時々の空の色。語り尽くせないそれら

諸々の風景の一枚一枚が、心の中に静かに降り積もってゆく。

NANAYAMA.jpg



コメントを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ツーリングから一夜明けた朝。

気持ちよい疲れが残る身体を伸ばしながら、

ぼんやりと夜明けの町並みをを眺める。

昨日のことがまるで、遠い出来事のようにも思えるし、

また昨日のツーリングを終えたことで、新しい

ツーリングへの勇気が沸々とわいてくる。


今度は三ツ瀬を超えて佐賀平野の方へ走り

坂本峠を通って戻ってくるコースを走ってみよう。

1日に標高550mくらいの峠を2つ越えて100㎞以上走れれば、、

またずいぶんと、ツーリングの範囲が拡がってくるだろう。


これから夏。たくさんの道が、呼んでいるような気がする。

P1050661.jpg

[RSS] [Admin] [NewEntry]

二丈パーキングエリアが見えてくると、何度か走ったことのある道なので、何となく

安心してしまう。福吉を過ぎ、大入の駅前のコンビニで、ジュースとフランクフルトを

買い、海岸まで降りて砂浜で休憩する。ここからは前原の手前から芥屋に向かい、

糸島半島を巡って帰ることにする。

P1050629.jpg

[北山~七山ツーリング-3]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

菖蒲橋から県道299号線へ出ようと思ったが、通行止めになっていたのでやむえず、

国道323号線へ出て迂回することにする。このあたりはバイパス工事を行っている

らしく作りかけの巨大な陸橋の柱脚あちらこちらにそびえていた。ここから古湯温泉

まで行ってみようと一旦は行きかけたのだけど、距離がありすぎるかなと思い直し

途中で引き返し、再度七山に向かうことにする。神水川に沿って走り北天グリーン

ロードと交わるあたりで、お昼前になったので昼食にする。道路脇にBoyを止め、

持ってきたオニギリをほおばる。おかずも簡単な物だけど、走った後、外で食べる

ご飯は最高に美味しい。娘も梅干しに顔をしかめながら、美味しそうにおにぎりを

食べている。まぶしい日差しの中で、元気に笑う娘を見ていると、二人で始めたと

はいえ、ほとんど親父の我が儘なツーリングに辛抱強く付き合ってくれる、娘の

優しさと、ここまで大きく成長してくれたことが、とても嬉しく感じてしまう。今日の

ツーリングも、きっと彼女の中で大きな糧になりますようにと、静かに心の中で手を

合わせる。

P1050602.jpg

[北山~七山ツーリング-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ツーリングに行く日の朝はなぜか早く目が覚める。といっても

仕事柄、夜中から起き出して図面を描いているのが常日頃だから

明け方に起きても、別に特別に早いわけでもないのだけど、寝ていて

も良い日なのに、目覚ましよりも早く起きてしまう。さてカーテンを

開けると薄い朝焼けが拡がっている。今日も良いツーリングになりそうだ。


慌ただしく朝の家事を片付けて、7時に家を出る。家の廻りで変速機、

ブレーキを点検した後、まずは三瀬峠を目指すことにする。いつものように

室見川沿いに沿って走り始めると、朝のひんやりとした風が身体を

包んでくれて、さっきまでの家事の慌ただしさをすっかり忘れさせてくれる。

内野の交差点から峠に向かうのだけど、今日は幹線道路を走らずに、対岸の

細い旧道を走ることにする。この道だと室見川が間近に見え、昔ながらの

たたずまいを残した田圃の見える風景にも出会えたりする。

P1050568.jpg

[北山~七山ツーリング-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

-朝-

紅い雪洞のような、朝日が昇ってくる、穏やかな朝。

昨日の坂道の疲れが、まだ少し膝に残っていることも

なんとなく、嬉しく感じてしまう。仕事の手を休めて

これから始まる朝の行事に、気持ちを切り替える時間。

さて今朝の朝食は何にしよう?娘の好きなわかめのみそ汁

でも作ろうか・・。

P1050553.jpg

[明日のお楽しみ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

初夏まぶしい日差しを浴びながら水を飲み、汗が引くまで眼下に拡がる風景を

ぼんやりと眺める。時折、風が吹くと、伸びきった下草がカサカサと揺れ、

そのたびに、風景が語りかけてきているような気がする。昼下がりの小さな旅

だけど、心は日常を離れすっかり軽くなっている。

P1050527.jpg

[毘沙門山-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お昼過ぎに今進めているマンションの改装の図面が

何とかまとまったので、気分転換にBoyで出かけることにする。

どこに行こうか色々と迷ったのだけど、最近海に行ってないので、

とりあえず今宿方面へ走ることにする。少し薄雲が掛かっている

とはいえ、紫外線が強そうなので、しっかりと日焼け止めを塗って

出かけることにする。小戸の交差点から、生の松原を抜けると少し強い

向かい風に乗って潮風の匂い。やがて海が見えてくると、なんとなく

ペダルも軽く感じてくる。今宿の手前から長垂海岸に入り防波堤に

沿って走りながら、遠くを見ると毘沙門山が見える。そういえば

眺めるだけで、一度も行ったことがないのでそこを今日の目的地にする。

P1050547.jpg


[毘沙門山-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日一日の幸せを予感させるような夜明け。

窓を開けて、ひんやりとした空気を部屋に取り込むと

さっきまで佇んでいた夜が消えてゆく。さて、これから

朝食の用意をして、娘を起こし、洗濯、掃除といつも通りの

行事が始まってゆく。そんな代わり映えのしない1日の始まり

だけど、朝日を見ている時だけは、今日が新しい1日に思えてくる。

P1050515.jpg

[1日の始まりと終わり]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

娘を連れて夕飯の買い物に出かける。早足の私に

付いて行けるように、歩いて一緒に出かけるときの

娘はいつも、ローラースケートを履いている。私の

腕や上着の裾に捕まっている娘を引っ張りながら

運動会の練習のことや、テストのこと、友達のこと

など、とりとめもなく話しながら細い路地を抜けてゆく。

P1050510.jpg


[夕暮れの路地]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

布団に入って明かりを消すと、妙にカーテンが明るい。

不思議に思ってベランダに出てみると、南の空に月が輝いていた。

P1050499.jpg

[月明かりの中で]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

土曜日に打ち合わせた仕事が、何とかまとまったので、

久しぶりに室見川にBoyで散歩に行く事にする。今日は

風が強く、河川敷公園を、横風やら向かい風やらに

もみくしゃにされながら走ることになるが、不思議と

変な爽快感がある。気温があまり高くないせいもあるの

だろうが、向かい風の中でも足は軽く、気持ちよく

スピードが乗る。やはり、走り慣れたこの道が、一番

私にあっているようだ。

P1050465.jpg

[五月寒]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日今日と雑用に振り回されて、なかなか散歩に出る時間がない。

昨日も良い天気だったし、今朝も初夏の太陽がキラキラ輝いてた。

そんな空を恨めしそうに眺めた後、気を取り直してパソコンに向かう。

なんとか、細々した用事を済ませ仕事に目処を付けると、もう時間は、

午後3時を回っている。やっと散歩に出れるかと思い空を見上げ

ると、何となくあやしい雲行き。これじゃ、Boyでのお出かけは

あきらめて近所の路地を散策するかと、カメラを持って家を出る。

P1050425.jpg

[路地の初夏]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日の雨はすっかり去ってしまい、気持ちの良い朝を迎える。

今日最初の光に、一日の幸せを祈った後、窓を開けると、

ひんやりと空気にも、初夏を感じることが出来る。

仕事部屋を出て、まだ布団の中で夢を見ているだろう、

寝相の悪い娘の毛布をかけ直した後、朝食の準備に掛かる。

P1050411.jpg


[夏を迎える前に]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝は久しぶりの雨。風も強くバルコニーの中まで雨が

振り込んでくる。雨に濡れた窓越しの風景は、どこか

虚ろで、遠い見知らぬ異国の町に思えたりもする。

P1050398.jpg

[窓越しの風景]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

明日は雨になりそうなので、学校帰りの娘を捕まえて

ちょっと散歩に出かけることにする。今年の夏は山間部が

メインとなるので、近場の坂道を走ろうと思い野方台を

目指すことにする。我が家から距離はないけど、まっすぐに

続く坂道は良い練習になる。帰宅を急ぐ車を避けながら野方台

の入り口を目指す。坂道に掛かるとお互いのペースで走るよう

に言って、先に走り始める。ここのところ筋トレで脚力が

付いてきたので、以前のようにノロノロと登ることは無くなった

がさすがに、坂道の8分目くらい登ると息が切れてくるし、

太ももがパンパンになってくる。何とかこらえながら、自分が

走れる一番の速いペースで、なんとか坂道を上りきる。

P1050394.jpg

[夕暮れのパノラマ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

我が家のベランダから、昨日登った背振山を眺める。

夕映えに照らされた山頂は、とても昨日足跡を残して

来たとは思えないくらい、高くそびえ輝いている。

でもあの頂には、間違いなく私達親子の思い出があり

それが今ここにつながっている。

P1050378.jpg

[ベランダから]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

山頂を降り広場に戻り、元来た道を引き返そうかと思ったのだけど、午後2時半を

過ぎていたので、板谷峠を通って帰る道を選ぶことにする。地図で見ると舗装道路

と思っていたのだけど、林道に入ると砂利道と舗装が混合している道路で、砂利に

タイヤをとられながら、用心して板谷峠へ続く県道を目指すことにする。

P1050366.jpg

[背振山ツーリング-3]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

県道から登山道に入ると、背振山の頂上の測候所が小さく見え始める。道路脇の

標識を見ると頂上まで7㎞。娘の足だと、たぶん一時間弱は掛かるだろうと思い

つつ、これから続く坂道の備えて4度目の休憩をとる。

P1050325.jpg



P1050327.jpg

[背振山ツーリング-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

休日の朝、いつもよりも遅めの朝食を済ませ、一通り家事仕事を

終えた後、あまりに天気が良いので、地図を広げて悩んだあげく、

今日は背振山に登ることにする。出発したのが9時半近かったので

あまり距離は走れそうもないなと思いつつ、まずは室見川を上流に

遡り、曲淵ダムまで走り、ダム湖畔でひと休みし後、三瀬峠を目指す。

休日とあって交通量が多いので、なるべく左端によってゆっくりと

坂道を登り続ける。ゆっくり走ることで時折聞こえてくるウグイスの声

に耳を傾けたり、山陰に咲いている花ウドなどに目を楽しませることが

出来るのは、上り坂楽しみの一つでもある。

P1050293.jpg


[背振山ツーリング-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日仕事の合間に”サイクルベースあさひ”のHPを見て

回っていると、”サドルの高さの決め方”が書いてあったので、

興味深く読んでみる。それによると”股下×0.875”が適正

寸法らしいので、さっそく股下寸法を測ってサドル高さを

求めてみると、今の高さより15mmほど高い位置が適正位置らしい。

P1050275.jpg

[サドルの高さ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ここ数日Boyで走り込む日々が続いたので、今日はBoyで

出かけるの止めて、近所の路地をブラブラと散歩してみる。

住宅街の隅っこにあるお気に入りの畑は、今の季節、ジャガイモ

青い葉っぱで埋め尽くされていて、ところどころ花も咲いていた。

P1050271.jpg

[路地裏にて]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も朝から気持ちの良い青空が拡がっている。日中の

気温は高いけど湿度が低いので、風がカラッとして心地よい。

午後4時くらいに急ぎの図面が描き上がったので、塾に行く

娘を送り出した後、室見川まで散歩に出かける。いつものように

小田部大橋のたもとから河川敷公園に降りて走り出したのだけど、

なんとなく人が多い。中学校の部活だろうかランニングをする集団、

橋桁の下の狭い歩道に、自転車を止めてたむろしている女学生。携帯

を見ながらふらふらと走ってくる自転車、犬に引っ張られながら廻りを

見ていない飼い主達・・。おまけに、やたらとゴミが多くなった。

こりゃ、練習コースを考えなきゃいけないかな・・。等と思いつつ、

上流へと走る。

P1050251.jpg

[川辺にて]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今週は小学校の家庭訪問週間なので、午後1時半くらいには

娘が帰ってくる。先週は連休で今週が半ドンとは、うらやましい

ような時間割であるが、授業時間は大丈夫だろうかなどと、つまらない

ことまで心配してしまう。4時前に宿題の終わった娘を連れて、先日の

ロングツーリングで少し自信のついた、脚力をためそうと曲淵ダムまで

走ることにする。今日はいつもと違って、室見川の河川敷を通らず、

川沿いの車道を地下鉄車両基地、西部運動公園と抜け、内野の交差点から

ダム方向へ走ることにする。もう何度も走っている道なので、娘には

自分でペースを作って走るように言い残し、先に走り始める。

P1050243.jpg

[ツーリングの成果]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

連休の終わった初日の今日は、午後から急な打合せが入る。

連休中にチェックした諸々の図面をバッグに詰め込み、今週は

家庭訪問の為、午後から帰ってくるだろう娘に書き置きをして、

北九州まで車で出かける。打合せはいつものように、資料の

説明が半分、雑談が半分のペースで過ぎてゆく。それにしても、

いずこの会社でもよく聞く悩みは、若手の技術者が育たないこと。

入社10年目の現場主任クラスの社員でさえ、基本的な図面チェック

がおぼつかない現状を見ていると、これから10年後、彼らが所長

となり現場を任されたとき、いったいどんな物を作り上げるのだろう・・。

P1050219.jpg


[連休明け初日]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

明け方は空が晴れ渡っていたのだけど、徐々に雲が広がり

何となくスッキリしない空模様。やっと身体の疲れも取れ

たので、どこか散歩にでも出かけようと思っていたので

ちょっと残念。”まあその分、仕事に集中出来るからいいや”

と午前中、図面に取り組んでみるけど、なかなか集中出来ない。

まだ、身体の中に熊本ツーリングの余韻が残っているようで

辺春川の風景やら阿蘇の新緑やら野鳥のさえずりが、時折

現れては手招きをし、仕事の邪魔をする。やれやれこれじゃ

仕事にならんと、宿題を終えた娘を連れて、室見川へ向かい、

河川敷を走り始めると、さっきまでさざ波立っていた

気持ちがシンと落ち着き始めるから不思議だ。

P1050207.jpg

[旅の余韻]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は雑用に振り回されて、BoyとAddieの手入れが

出来なかったので、今日は朝から念入りに手入れをする。

ツーリングの間もホコリを落としたりはしていたが、

やはり駆動部分はかなり汚れている。揮発性の潤滑油を

スプレーした後、きれいにふき取り注油をする。ブレーキや

変速機の可動部にも注油し、車体を拭きあげてホコリや油汚れ

を落とした後、液体ワックスで仕上げる。ピカピカになった

愛車を眺めながら、3日間のツーリングを振り返ると、もう

昔の出来事のように感じてしまう。

P1050196.jpg


[メンテナンス]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

3日間のロングツーリングから一夜明けた今朝は、

静かな雨の朝を迎える。3日間の旅の記憶をたどりながら

写真を眺め、時に目を閉じてその時々の風や水の音、

草花や木立の匂い、鳥や虫の声を思い出す。

足は重たく、転倒して打った肩が鈍く痛むが、今日は

そんな事でさえ、良い思い出に感じてしまう。

さて、これから夏に向けてどこを走ろう・・・・・?

P1050194.jpg


[旅への思い]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

道の駅に着くと、ここもお客でにぎわっている。木製のベンチとテーブルが空いていたので、

売店で買った揚げたてのコロッケとおにぎりで、軽く食事をする。少しお腹が重たいと

言っていた娘も、食後にトイレに行ったとたん、具合が良くなったようだ。1人で売店に

行ったかと思うと、試食のメロンパンをとってきて美味しそうに食べていた。

P1050164.jpg

[5月5日 福岡への帰路-2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も午前5時前に起きて、BoyとAddieの点検をし3日目のツーリングに備える。

天気予報では午後から天気が崩れてくるらしいので、なるべく早く帰れるように

来た道と同じ3号線を通って帰ることにする。7時過ぎに実家を出て、まずは325号線

を目指す。さすがにツーリングも3日目となると身体がだらしく感じるが、朝のひんやりと

した空気の中を走り始めると、次第に身体もほぐれてゆき足も軽くなってくる。

P1050099.jpg

[5月5日 福岡への帰路-1]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。